2006年2月19日 (日)

彼の語学力

私の彼である台湾人ウィリー。27歳ということで将来設計も髪の毛も心配する年頃のようです。私は結婚して子供を産むのを30歳と決めているから、彼は36歳ということになります。(うまく行けばね。)このまま彼が突然死したり私が大金持ちでハンサムな男と出会わない限り、将来一緒に居るのは確実だと思うんですけど。

私の将来はアメリカ永住権も取る予定無いので日本へ帰ります。仕事も結婚も子育ても日本でやりたいのが本音です。

随分ワガママに聞こえますが、私のプランに付いて来れないような男は別に結婚したいとも思わない。(llllll〃^∇^)o_彡☆あははぁ~。

「将来日本へ帰るつもりなんだけど、一緒に来てくれる?」「うん、いーよ。(llllll´▽`llllll)」

なっ、なんて単純な男。なぜに自分の将来をこんなに簡単に決めれるものなのか?

彼いわく、「場所はどこでもいい。肝心なのは生きていくのにきちんとした仕事を持てるかどうか。」

この日より彼は日本語を学び始めました。日本語のCDを聞いて”あいうえお”を書き始めて・・・。私も普段からわざと日本語で話しかけることが多いので(語学は聞いて話して上達するっていうし。)その分、私は無口な彼から中国語を学ぶことはありませんが。

私の毎日の微々たる努力もあってすこ~~~~しだけ日本語を話せるようになった彼。日本のドラマを見て覚えた言葉もいっぱいあります。たとえばぁ、「ぶっ殺すぞ!」(花より男子より)「可愛そうに・・・」(高校教師より)「どーんとこーい!」(トリックより)・・・・・・ハイ、全然使えたもんじゃありませんね。。。q(|||`驚´|||;;*)

日本語の音楽も聴いている彼。が、さすがに聞き取るのは難しいらしく大ヒットの「粉雪」も彼の耳には「ちろぉ~ものぉ~。ありりさすらしさぁ~もらけやさすひィ~・・・♪」などどチンプンカンプンな歌詞が並んでおります。.........(ollllll_ _)o

ちなみに、掘北真希ちゃんは「野ブタ!」山田孝之くんは「セカチュー・ボーイ」ガレッジのゴリさんは「ゴリエちゃん」と読んでいます。・・・やはりドラマなどの役柄の印象が強いようです。

語尾活用が彼にとってはとても難しいようで、よく日本人は中国人は「~アルネ!」なんて話し方をすると笑い話にしますがまんざら嘘でもありません。

語学は大切だから、日本へ移住した時も不自由なく彼に生活して仕事をしてもらうためにも、もっと日本語教育をしなくちゃなぁ~。o(´▽`llllllo)(ollllll´▽`)o

私は彼に「台湾へ来て。」って言われたら「やだよ。中国語難しいもん。」って速攻で答えると思うんですけどね~!!(「lll´▽`)あははぁん。

P2180011

| | コメント (1) | トラックバック (0)